建物コンサルティング

ホーム > 建物コンサルティング > 長期修繕計画

長期修繕計画

長期修繕計画

計画的な積立は計画的な修繕に繋がる

建物各部の機能や環境を確保し、資産価値を維持するためには、適切な修繕工事を行うことが不可欠です。また、必要に応じて建物及び設備の性能向上を図る改修工事を行うことも望まれます。そのためには、予め長期にわたる修繕計画を作成し、これに基づいた資金計画にて工事費を蓄えながら、計画的に修繕工事を行うことが不可欠です。グローバルコミュニティがお手伝いします!

必要な修繕費と積立金の比較
計画的な修繕に必要な積立金の改訂額
長期修繕計画について

将来見込まれる修繕工事及び改修工事の内容、おおよその時期、概算の費用等を記載しておりますが、実際は劣化状況や資金に応じた工事を行う事になります。従って、将来実施する工事の内容、時期、費用を確定・保証するものではありません。

修繕工事及び改修工事に関する長期計画について、あらかじめ認識または合意しておくことで、計画修繕工事の円滑な実施を図ります。

一定期間ごとに見直していくことを前提としています。

実施時期や費用は、作成時における目安であり、立地条件等により異なることがあるほか、小さな工事の実施時期は、ある程度集約しています。

建築維持・保全トップへ
このページの先頭へ

グローバルコミュニティ株式会社 Copyright GLOBAL COMMUNITY Co., Ltd. All rights reserved.